先日

あたしの大好きなあの人に 教わったのですが、

他人に自分の意志を理解させようとする時に、

言語(文字として書き表せる部分…「好き」とか「嫌い」とか)が果たす役割は、

わずか35%位なのだそうです。

その他65%はというと 話し手の声のトーンや調子、表情やジェスチャーによって

全体的に把握されるのだそう。

そうですね 例え心からの愛を伝えたいと願っていたとしても、

無表情で 同一のトーンで 『愛してる』 と言ったならば、

相手が受け取る情報は 「彼が『愛してる』と私に伝えた」 という

あくまでも “事実” だけになってしまうという こと。 成る程。


そう考えると 作家の行う作業は 全く、神業並ですね…

3割ちょいの可能性を頼りに 言語を駆使して、感動を創り出すなんて。
[PR]
by kiss_to_freddie | 2004-10-29 18:19 | マニアックB
<< 幸福と 不幸 気まぐれに 午前1時 >>