軟弱者

まさに軟弱者。
今までの人生でいかに逆境が少なかったか、
もしくは逆境を避けて通ってきたかが身にしみてわかる。

心優しい人たちに囲まれて暮らすことは、とてもシアワセなこと。
だけど、いつでも いつまでも そんなシアワセを享受できるかということは
また別問題。

いろんな人がいるから、心ない言葉とか、欲丸出しの行動とか、
粗暴な力に向こうからぶつかってこられると大変。
そこで「耐える」ことができない。
自分の思い通りにならないから、悲しくなる。
憤る。眉根に皺が寄る。
ため息が出る。
時に涙まで登場する始末。本当に困ったものだ。

最近涙をこらえることができない。
最近でなくとも、以前からそうだったかもしれないけど・・
あとは、怒りの鎮め方が下手糞。
すぐにイライラして、喉の奥の方でどろどろしたものが渦巻いて、
宿酔のように気分が悪くなる。
怒りや悲しみを発散させる方法の一つとしてとってきたのが、
破壊行為。
ヒステリーまがいの慟哭。
携帯電話を壁に投げつける、水に落とす、分厚い雑誌をカッターで切り刻む、
ガラスのコップを叩いて割り、その破片が散らばる床に手をついて傷をつける、
学校ではムカつくことを紙に書きなぐり、びりびり裂いてトイレに流す、
うまく自分の中で怒りを昇華できない。消化もできない。
傷つけて、傷ついて、その切れ目からみるみる膨らむ血液を眺めて心が落ちつく。
一体いかにして、負の感情を対外に排泄することができるのか。

こんな女が愛する男に愛される価値はあるのだろうか。
見放されやしないだろうか。
初めて煙草を恐る恐る手にしたのは、彼に心配して欲しい、
あの人の注意を私に向けたい、その一心だったことを思い出す。
見返りを求めない愛情を注ぐことにより得られる、無条件のコミットメント。
それを理想としているはずなのに、どうしてこんな。
卑屈で意地汚くて稚拙な行動しかとれないのか。

もう、いやになる。
なにもかもが。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2008-03-15 00:22 | 独り言

果たして君は

どうしてそんなにぶつかってくるのか。
どうして悲観と苛立ちの表情を浮かべながら携帯電話をせわしなく開閉するのか。
どうして他人を押しのけてまで出口へと進みたがるのか。
どうして非建設的な批判ばかりを口にするのか。
どうしてなかなか、わたしの神経を逆なでするような存在。

みんな自分勝手。
おのれがよければ、他人が苦しんでいようとも無関心。
電車のホームには読まれて捨てられ四散している新聞紙。
線路に目線をおとすと、チョコレートやらキャンディーやらの包み紙が
茶色い砂利の上に模様を描いている。
「禁止」の札を横目に、無断で路上駐輪していく朝の陰鬱な顔。
すれ違いざま、不躾なほどに見つめてくる、値踏みするような人々の目。
身の回りにある汚れや違反にはあれほど背を向けるくせに。
虫唾が走る。声を大にして「ふざけるな、お前ら」と噛み付きたい。
運動不足でたるみ、傲慢と美食で大きく膨らんだ腹、
安楽を求めすぎて歩みをとめた生白い脚に。

聞く耳は持たず、死んだ貝のように難く閉ざす。
その割には意地の悪い好奇の目だけはらんらんと輝いている。
口は自らを主張することと、不満に唾を吐くことと、欲を貪るためだけにある。
都会の人間の顔は恐ろしい。
皆、生きるのに必死だからか?
おそらくそうとは限らない。
生きるのに必死、などと軽々と口にするべきではない。
彼らは生きたい、生きる喜びを感じたいのではなく、
他人より優れている存在だと示したいだけだ。

他人の持っていないものを手に、高らかな勝利宣言となる笑みを浮かべる。
その笑みはどこから湧いてくるのか、考えたことがあるだろうか?
「カワイイ」靴を買った。
「カワイイ」バッグを買った。
「カワイイ」と認められるために。ただそれだけのために、人は金を使い、
使うためにまた、金を稼ぐ。
うんざり、しないか。

彼らは躍起になって買い物をする。
消費行動の中で鬼のようになっていく。
それを先導し、焚きつけるメディア。
彼らの罪も、踊らされ続ける人々の非と同罪。

おかしいよ、こんなのおかしい。
このおかしさに気付かないならば、もう手の施しようがない。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2008-03-14 22:23

誰も見ていないだろうということでやります

【愛しい人を詳細にイメージする35の質問】
なんてものをやってみました。
http://www.mypress.jp/thread/thread.php?category_id=q100&thread_id=15099

普段誰にも話さないこと、話せないことゆえに心が満たされていくのがわかった。
書く、ってフシギ。



Q1.ハンドルネーム、性別、年齢をお願いします。

kisstofreddie、女、21歳


Q2.あなたの愛しい人(以下恋人と表記)をあなたは何と呼ぶ?

よっちゃん、さみー、じいや(たまに・・)、オニイサン


Q3.恋人はあなたを何と呼ぶ?

さくちゃん、こぐまくん、姫


Q4.あなたと恋人の年の差は?

同学年、1歳差


Q5.恋人の身長、体重は?(目測可)

177㌢、70㌔弱とか(「20㌔くらい違う」って言ってたから)


Q6.恋人の仕事は?

学生


Q7.恋人の趣味は?

無趣味?コレクター癖がなくてほっとしている私。


Q8.恋人の癖は?

弾むように歩く。何かしら線があれば、その上を歩く
(平均台の上をバランス取りながら歩くように。)


Q9.恋人の好きな食べ物は?

たこ焼き、お好み焼き、チョコ等の甘味、納豆(巻き?)、ミニッツメイドのグレープフルーツジュース、たべっこどうぶつ(スナック)


Q10.恋人の嫌いな食べ物は?

嫌いなものはないらしいが、あまり好まないのは
・魚(骨が面倒らしい)
・脂身(避けて肉だけ食べる)
・セロリ(敢えて買ってきて食べないそうだ)


Q11.恋人の生き方を一言で表すなら?

隣人愛


Q12.恋人に一番似合う服は?    

脚が長いのでパンツは何でも似合う。
個人的に着て欲しいのは、ワイシャツとブイネックのニットの組み合わせ。


Q13.恋人に一番似合う髪形は?

短髪黒髪


Q14.恋人に一番似合う場所は?

カクテルバー

   
Q15.恋人の顔はどんな顔?(似ている有名人は?)

忍足修吾?と言う人もいる
私は「塚本くん+イーオンのCMの男の子÷2」だと思っている


Q16.恋人の手はどんな手?

体格にしては小ぶりだけど、爪が大きくて、節がたくましくて、優しい手


Q17.恋人の体はどんな体?

肩幅があって、背中も広い。
すっかり包み込まれる感じ。
私にキスをくれるときは上体をかがめなければならないからちょっと辛そう・・


Q22.恋人との愛の営みはどんな感じ?

こんなに素敵なことだったんだ、というシアワセで満たされて、
それが目から涙となって零れ落ちる


Q23.恋人に言われて嬉しかった言葉は?

「変えて欲しいところはないよ、そのままのさくを好きになったんだから」
っていうのと、
「実は寂しがりやだから、不安にさせないで」


Q24.恋人はあなたのどんな言葉に喜ぶと思う?

前向きなことば全般には、至極の微笑みをくれるけれど、
やはり「だいすき」に満面の笑みをうかべる


Q25.恋人はあなたのどこが好きだと思う?

ちょっと偏屈で意固地だけど、素直なところ
彼のことがなによりもだぁいすきなところ


Q26.↑25.のように思う理由は?

「そういう素直なところ、好きだよ」
「こんなに好きでいてくれる女の子はいないから」
と言われた


Q27.あなたは恋人のどこが好き?

いつでもときめきを感じられるような魅力が溢れてるところ。
全人格を見てもそうだし、恋人に接するときの態度や笑顔に胸がしめつけられる。
好きだよ、ということ、そしてどんなところが好きか、言葉にしてくれる。
私の体を愛してくれる。

数え上げたら夜が明けそう。


Q35.あなたが恋人のことをどれだけ好きか表現してください。

彼との未来を思い描くと、辛いことも平気に思えるから不思議


Qおまけ.最後にそんな恋人に一言!!!

よっちゃんに一生愛してもらえるように、精一杯毎日を過ごすね。
一緒の時間がどんどん増えて、その分ますます好きになれますように。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2008-03-13 19:21 | 愛というもの

やっと思い出した

Red Hot Chili Peppers
abbr: rhcp

b0054079_1122790.jpg

"Californication"
(カリフォルニケイション) でした。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2005-08-30 11:22 | 音楽熱

後光効果って…。

Bank Band
「おいこら、ミスチルの真似し過ぎなんじゃないか?!」
って気になって仕方が無かったけど。

桜井さんなんだってね?!?!
そりゃぁ声も似てる筈だ!寧ろ本人なんだから…。


歌っているのは彼自身であるとわかった瞬間、
この曲がとてつもなく素敵に聞こえた。

人の好き嫌いなんて こんなに不確実なものなのだ。
好きな人が聴く音楽に自分も触れてみたいと思ったり、また
今までどうしようもなく気に入っていた物を、嫌いな人も好きであったと気が付いたとき
それと同時にその物から気持ちがすっ と離れていったり。
何かを、誰かを好きになること、そして想像しただけで虫唾が走るくらい嫌いになること、
これはもう まったくの 思い込みでしかない。

そう考えると、一体 本当に自分が好きなものは何なのだろう、と考えさせられる。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2005-08-26 16:02 | 音楽熱

vulnerability


また引越ししてしまいました…。

URLを教えなきゃいけない人は指で数えられる位しかいないからいいのだけれど。
いっそのこと ブログを作るのに丸3日とかかかると良かったのに~!
ブログがこうも簡単に作成でき、消去できるものだからこそ、
こうやって ころころと変えてしまいます。

熱しやすく冷めやすい、
ここが私の欠点でもあり、同時に愛すべき美点でもあるのよね。 多分。

あと10日程で私も心機一転するので、今はゆっくり準備期間。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2005-08-16 22:13 | 独り言

擦りむけはまだ赤くひりひりしていて

御無沙汰しておりました。

皆さん、毎回懲りずにこのブログ、 覗いて下さって本当に有り難う。

なんか、 とっても嬉しいです(笑)

無機質な生活が続く中、 

機械、パソコンっていう無機質なモノに心温められてることを思い知ります。


受験も住まい探しも 無事 一段落ついて、

あとは今年が去り行くのを 見つめるのみとなりました。

昨日東京から帰ってきて、結局 高校最後のクリスマスは、

恋人たちが東京にあふれかえる中、 独りおのぼりさん’sキャリーケースを転がし、

お土産だけを購入して 家路についたのです。

半年ぶりに会った兄(22)は、研究のための連日の徹夜・不摂生が祟ってでしょうか、

心なしか丸っこくなった様でした。 苦労してるのね…





さて今年はというと、人を好きになり、そして 傷つけた年でした。

恋の高揚する気分に浮かれて、無責任な行動をとって、

自分を客観的に見つめることが出来ぬまま、

奇しくも、最悪な別れの切り出し方をしてしまった。



だから今、本当に悪循環の真っ只中。

好きな人を心に思い描くこともなく、

かといって誰か ときめきの対象を見付けるでもなく、

ぼっとして いたづらに時間は過ぎていく。

『恋ってこんなに素敵なものだったんだ』 という綺麗な気持ちを持ち得ないまま

ずるずると今の状態に在る私。



終わりよければ… とは本当に良く言ったもので、

二人が一緒にいた時間のなかで 楽しかったこと、うれしかったこと、

ぴかぴか輝いていることは たくさんあったはずなのに、

別れの言葉 方法をひとつ 取り違えただけで

あたしと彼とで過ごした時間、 それらが霧の向こうに ぼんやりと、

光を放つことなく ごろんと 置き去りにされている感じ。



『自分を正確に映し出す鏡』 を持っていなかったあたしは

結局は 恋に 心焦がれていただけなのかもしれないです。



たまに 彼の後ろ姿を見かけるときがあるのだけれど、

一人で立っているのが 痛々しく見えることがあります。

その度にどうしても 心苦しくなって、

あたしは俯くことしか出来ない。 ごめんね、と。



新たな人との邂逅を求めて あたしは新天地を目指すけれど、

ここで出来ないことが、 どうして違う場所で出来る?

また同じ過ちを繰り返すのかもしれない という暗い気持ちを抱えたまま

これから果たして 恋 していけるのでしょうか。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2004-12-25 17:36 | 独り言

『どう見ても、屍をあさり歩く女のやう。』

ついに買っちゃいました、 『サロメ』!

厚さ1センチくらいの、岩波文庫。
(あたし岩波文庫は結構 好きです。)

当時のサロメ 第1版に収録された全ての挿絵、収録 という文句にも惹かれ…。

内容はまぁ、良く知られているあらすじ通りなのですが、

あの本自体が発しているオーラというか、雰囲気、

寧ろ 「薫り」みたいなものがあるように感じました。

翻訳も未だ文語体(?)だし。


『なんて不思議な月だらう。どう見ても、死んだ女の手としか思へぬ、

 その手が縊帷子(きゃうかたびら)をまさぐり、身にまとはうとしてゐるかのやうに』



注、挿絵中のサロメは、まったくと言って良いほど綺麗に非ず!!!

怪しげな雰囲気を醸すには 一役かっていますがね、ビアズリーの挿絵は。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2004-12-24 17:37 | マニアックB

整形美人

なんてドラマ、以前やってましたよね。 見てないけど…。

実際、毎回かかさず最後まで見たドラマって、数えるほどしかないんですよね。

「ラストクリスマス」とか 「マザー&ラヴァー」とか 見ようって思ったんだけどな…;


さて、先日R学コース(バレバレ=3)の皆で話をしていた時丁度 

整形が話題にのぼりました。

「美人は、そうでない人に比べ所得が多い」 みたいな観点で書かれた論文について。

それを受けて、R学コースdivaのSちゃんはしきりに 

『将来絶対整形する~』 といいます。

いまのまんまでもじゅーぶん可愛いのに… とは思うのですが…


あたしのお気に入り雑誌の約半分が、整形外科の広告だったりして、

整形手術に対する認識が高まり、偏見が少なくなっていますよね。 

プチ整形とかもあるし。

結局その論文の結論は、 「美人の定義は時代によって変わる」 みたいに

お茶を濁された形になっていたのですが、実際の所 どうなのでしょうね?


作家の中村うさぎさんも、実際に整形をしたそうです。

理由は、 小柄で丸顔なので、可愛らしいイメージを持たれてしまうことへの嫌悪感。

それから 「親に貰った身体にメスを入れるなんて」 という『天然至上主義』への反発。


将来経済力を持ったら あたしも整形に踏み切るのかもしれません。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2004-11-12 21:19 | 独り言

Aubrey Beardsley


b0054079_1834233.jpg


『サロメ』の挿絵を手掛けた オーブリー・ビアズリー。

今日図書館へ行き 美術関連の書籍を眺めていた所、彼についての本を発見しました。

彼の芸術については 資料集やインターネットで ちょこっとカジっただけでした。

実際手に取ってみて 眺めてみたわけなのですが、 


…これが 『異常に』 刺激的。


白黒で、遠近法もあまり感じられないような 退廃的な画風の中、

彼の 『性とか性欲のイメージ』 を紙面にぶつけたような

繊細でいて荒々しい 相反する物が一箇所に凝縮されている印象を受けました。

一般的に彼の作品の例として出される 『サロメ』 の1カットは

確かに斬新ではあるけど まだまだ余裕。 度肝を抜かれたのは、 

3人の体格の違う男性が、体にそぐわないような男性器を持っているという絵。

見た瞬間 思わず周りを見回してしまいました (笑 

25歳で夭折した彼の “晩年”では、幼少から煩った病気に悩まされていたそうです。

その病気に抑圧された性欲をぶちまけるかのように 仕事に打ち込んだビアズリー…



…願書を無事に出し終わったら、『サロメ』 買いに行こうと決心した日曜日なのでした。
[PR]
# by kiss_to_freddie | 2004-11-07 18:48 | マニアックB