カテゴリ:独り言( 7 )

軟弱者

まさに軟弱者。
今までの人生でいかに逆境が少なかったか、
もしくは逆境を避けて通ってきたかが身にしみてわかる。

心優しい人たちに囲まれて暮らすことは、とてもシアワセなこと。
だけど、いつでも いつまでも そんなシアワセを享受できるかということは
また別問題。

いろんな人がいるから、心ない言葉とか、欲丸出しの行動とか、
粗暴な力に向こうからぶつかってこられると大変。
そこで「耐える」ことができない。
自分の思い通りにならないから、悲しくなる。
憤る。眉根に皺が寄る。
ため息が出る。
時に涙まで登場する始末。本当に困ったものだ。

最近涙をこらえることができない。
最近でなくとも、以前からそうだったかもしれないけど・・
あとは、怒りの鎮め方が下手糞。
すぐにイライラして、喉の奥の方でどろどろしたものが渦巻いて、
宿酔のように気分が悪くなる。
怒りや悲しみを発散させる方法の一つとしてとってきたのが、
破壊行為。
ヒステリーまがいの慟哭。
携帯電話を壁に投げつける、水に落とす、分厚い雑誌をカッターで切り刻む、
ガラスのコップを叩いて割り、その破片が散らばる床に手をついて傷をつける、
学校ではムカつくことを紙に書きなぐり、びりびり裂いてトイレに流す、
うまく自分の中で怒りを昇華できない。消化もできない。
傷つけて、傷ついて、その切れ目からみるみる膨らむ血液を眺めて心が落ちつく。
一体いかにして、負の感情を対外に排泄することができるのか。

こんな女が愛する男に愛される価値はあるのだろうか。
見放されやしないだろうか。
初めて煙草を恐る恐る手にしたのは、彼に心配して欲しい、
あの人の注意を私に向けたい、その一心だったことを思い出す。
見返りを求めない愛情を注ぐことにより得られる、無条件のコミットメント。
それを理想としているはずなのに、どうしてこんな。
卑屈で意地汚くて稚拙な行動しかとれないのか。

もう、いやになる。
なにもかもが。
[PR]
by kiss_to_freddie | 2008-03-15 00:22 | 独り言

vulnerability


また引越ししてしまいました…。

URLを教えなきゃいけない人は指で数えられる位しかいないからいいのだけれど。
いっそのこと ブログを作るのに丸3日とかかかると良かったのに~!
ブログがこうも簡単に作成でき、消去できるものだからこそ、
こうやって ころころと変えてしまいます。

熱しやすく冷めやすい、
ここが私の欠点でもあり、同時に愛すべき美点でもあるのよね。 多分。

あと10日程で私も心機一転するので、今はゆっくり準備期間。
[PR]
by kiss_to_freddie | 2005-08-16 22:13 | 独り言

擦りむけはまだ赤くひりひりしていて

御無沙汰しておりました。

皆さん、毎回懲りずにこのブログ、 覗いて下さって本当に有り難う。

なんか、 とっても嬉しいです(笑)

無機質な生活が続く中、 

機械、パソコンっていう無機質なモノに心温められてることを思い知ります。


受験も住まい探しも 無事 一段落ついて、

あとは今年が去り行くのを 見つめるのみとなりました。

昨日東京から帰ってきて、結局 高校最後のクリスマスは、

恋人たちが東京にあふれかえる中、 独りおのぼりさん’sキャリーケースを転がし、

お土産だけを購入して 家路についたのです。

半年ぶりに会った兄(22)は、研究のための連日の徹夜・不摂生が祟ってでしょうか、

心なしか丸っこくなった様でした。 苦労してるのね…





さて今年はというと、人を好きになり、そして 傷つけた年でした。

恋の高揚する気分に浮かれて、無責任な行動をとって、

自分を客観的に見つめることが出来ぬまま、

奇しくも、最悪な別れの切り出し方をしてしまった。



だから今、本当に悪循環の真っ只中。

好きな人を心に思い描くこともなく、

かといって誰か ときめきの対象を見付けるでもなく、

ぼっとして いたづらに時間は過ぎていく。

『恋ってこんなに素敵なものだったんだ』 という綺麗な気持ちを持ち得ないまま

ずるずると今の状態に在る私。



終わりよければ… とは本当に良く言ったもので、

二人が一緒にいた時間のなかで 楽しかったこと、うれしかったこと、

ぴかぴか輝いていることは たくさんあったはずなのに、

別れの言葉 方法をひとつ 取り違えただけで

あたしと彼とで過ごした時間、 それらが霧の向こうに ぼんやりと、

光を放つことなく ごろんと 置き去りにされている感じ。



『自分を正確に映し出す鏡』 を持っていなかったあたしは

結局は 恋に 心焦がれていただけなのかもしれないです。



たまに 彼の後ろ姿を見かけるときがあるのだけれど、

一人で立っているのが 痛々しく見えることがあります。

その度にどうしても 心苦しくなって、

あたしは俯くことしか出来ない。 ごめんね、と。



新たな人との邂逅を求めて あたしは新天地を目指すけれど、

ここで出来ないことが、 どうして違う場所で出来る?

また同じ過ちを繰り返すのかもしれない という暗い気持ちを抱えたまま

これから果たして 恋 していけるのでしょうか。
[PR]
by kiss_to_freddie | 2004-12-25 17:36 | 独り言

整形美人

なんてドラマ、以前やってましたよね。 見てないけど…。

実際、毎回かかさず最後まで見たドラマって、数えるほどしかないんですよね。

「ラストクリスマス」とか 「マザー&ラヴァー」とか 見ようって思ったんだけどな…;


さて、先日R学コース(バレバレ=3)の皆で話をしていた時丁度 

整形が話題にのぼりました。

「美人は、そうでない人に比べ所得が多い」 みたいな観点で書かれた論文について。

それを受けて、R学コースdivaのSちゃんはしきりに 

『将来絶対整形する~』 といいます。

いまのまんまでもじゅーぶん可愛いのに… とは思うのですが…


あたしのお気に入り雑誌の約半分が、整形外科の広告だったりして、

整形手術に対する認識が高まり、偏見が少なくなっていますよね。 

プチ整形とかもあるし。

結局その論文の結論は、 「美人の定義は時代によって変わる」 みたいに

お茶を濁された形になっていたのですが、実際の所 どうなのでしょうね?


作家の中村うさぎさんも、実際に整形をしたそうです。

理由は、 小柄で丸顔なので、可愛らしいイメージを持たれてしまうことへの嫌悪感。

それから 「親に貰った身体にメスを入れるなんて」 という『天然至上主義』への反発。


将来経済力を持ったら あたしも整形に踏み切るのかもしれません。
[PR]
by kiss_to_freddie | 2004-11-12 21:19 | 独り言

すっぱいぶどう

あるところにキツネがいて、

木に実っている おいしそうなぶどうを見つけます。

ぶどうが食べたくなったキツネは、ジャンプしたり木に登ろうとしたり、

どうにかして取ろうとします。

しかし いくらがんばっても手が届かない。

いいかげん嫌になってきたキツネは、 ぶどうを諦めて帰ることにしました。

『ちぇっ、どうせあのぶどうは すっぱかったんだ』
[PR]
by kiss_to_freddie | 2004-11-05 20:54 | 独り言

幸福と 不幸

果たして、人間って

幸せと不幸せの割合を上手くとって 生まれてくるのでしょうか?

あたしはこれをいつも 疑問に思う。

あたしは自分で 今までの生活が苦労に満ちたものだとは思わない。

寧ろ 良識ある両親のもとに生まれ、 比較的苦労少なく ぬくぬくと育ってきた。

「ポジティブに生きれば良いことあるよ」 とは良く聞くことだけれど、

楽しく生きようと思っても 不幸に見舞われる割合の方が 多い人っている。

この理不尽さは 一体何処で決まるんだろう。

既に 皆の人生が記されているという アガスティアの葉とか、

カルヴァンの予定説とか、

そういうのって 本当なのかなぁ?
[PR]
by kiss_to_freddie | 2004-10-30 18:56 | 独り言

気まぐれに 午前1時

10月ももう暮れ。有り得ないほど毎日が早い。

去年の今頃は色々辛かったなぁ~…。今年は今年なりに、大変だけどね。

来月は遂に受験だし、クリスマス迄にはダイエット、成功させたい。

可愛い冬物も買いたいし、本も読みたい、CD沢山購入したい。

あの人ともっと、話をしたい。 可愛くなりたい、魅力的な女になりたい。

…はぁ、煩悩ばっかり。でも言わずに溜めておくと、

もしかしたら 強欲さは蓄積するんじゃないかと最近思う。

口にしてしまえばどうでも良くなることって 結構あるし…。


ライフログがとっても 面白い。 ちょっとした偏愛マップみたいで。

yaplog!にはポジティブなこと、こちらには含ネガティブを同時進行していくつもり。


気が向いたら、徒然なるままに更新予定。
[PR]
by kiss_to_freddie | 2004-10-29 01:02 | 独り言